プロポーズ前に知っておきたい。「世界3大カッターズブランド」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%ba%e5%89%8d%e3%81%ab%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%84%e3%80%82%e3%80%8c%e4%b8%96%e7%95%8c3%e5%a4%a7%e3%82%ab%e3%83%83%e3%82%bf

大切なパートナーへのプロポーズに、ダイヤモンドの婚約指輪を贈りたいと考えているみなさん!パートナーの喜ぶ顔が見たいなら、「ダイヤの輝き」を重視して婚約指輪を選んでみましょう♪

美しいダイヤモンドの輝きは、婚約指輪の印象を左右するといっても過言ではありません。

そうはいっても、何を基準に素敵な輝きをもつダイヤモンドを選べばいいの……?そう迷ってしまったら、ぜひ「世界3大カッターズブランド」に注目してみてください。いずれも、多くのカップルに「素敵な輝き」を提供し続けてきたことで世界的に認められたブランドなんです♡

世界3大カッターズブランドとは

ダイヤモンドの品質を決める基準である4Cの1つに、「カット(Cut)」があります。(「ダイヤモンドの4C」について詳しく知りたい方はこちらの記事を、「ダイヤモンドのカット」について詳しく知りたい方はこちらの記事を参照ください♪)

カットとは、ダイヤモンドをより輝かせるための加工のこと。ダイヤモンドの輝きを左右するため、4Cの中でも最も大切と言われたりもします。

ダイヤモンドは、天然物質の中で最高クラスのモース硬度(ひっかき傷の付きにくさ)を持ちます。そのため、そのカットに使えるのは同じ硬さのダイヤモンドや、特殊なレーザーなど限られた道具のみ。ダイヤモンドのカットで有名になるためには、それらの道具を自在に扱う極めて高度な技術が必要です。

そんなダイヤモンドをカットする技術で世界的に認められているのが、「ロイヤル・アッシャー」「ラザール」「モニッケンダム」。この3ブランドが、「世界3大カッターズブランド」とされています♡

世界で唯一の”ロイヤル”の称号、ロイヤル・アッシャー

ロイヤル・アッシャーは、1845年に創業されたオランダのブランドです。
その特徴は、なんといっても世界で唯一「ロイヤル」の称号を王室から正式に授けられたブランド(!)ということ。1980年に世界最大のダイヤモンド原石「カレリン」のカット成功させるなど、いくつもの功績を理由にオランダのユリアナ女王から「ロイヤル」の称号を授けられました☆

その評判を支える技術として知られているのが、およそ2年の歳月をかけて2000年に生み出された「ロイヤル・アッシャーカット」。角度を変えつつ74面に切り分けることで、ダイヤモンドが放つ光の総量が最大限に高められるんです♪

さらに、原石へのこだわりもこのブランドの特徴。「ロイヤル・アッシャーカット」は、オランダのバイヤーが鉱山から直接買い付けた正八面体のダイヤモンド原石にしか使われません。その商品すべてに刻印されたクラウン(王冠)のマークからは、王室に認められたという気品と誇りが感じられます♡

ダイヤモンドを七色に光り輝かせるカットへのこだわり、ラザール

ラザールは、1903年のアメリカでラザール・キャプランによって創業されました。キャプランは、ダイヤモンドの4Cに「カット(Cut)」を加えた張本人!ダイヤモンドの重量よりも輝きにこだわり、最も輝くカット法を編み出すために数学的理論さえも応用していました。そんなキャプランの理念に基づいて生み出されたカット法「アイディアルメイク」を施したダイヤモンドは、七色に光り輝くといわれています♪

ラザールのキャッチフレーズは“THE WORLD’S MOST BEAUTIFUL DIAMOND.”。その言葉通り、厳しい基準のもと選ばれた原石のみに「アイディアルメイク」と丁寧な研磨が施され、指輪に使用されます。

その品質の証明として、ダイヤモンドにはブランド・マークと所有者だけのID番号が肉眼では見えな大きさで刻まれます。それを実現するためのレーザー刻印は、ラザールが世界で初めて可能にした特許技術。その技術を使ってダイヤモンドに二人だけのメッセージを刻印するサービスも受けられます♡

英国王室に認められた精密な技術、モニッケンダム

モニッケンダムはイギリスの宝石商で有名な街、ハットンガーデンに本社を構えています。1890年にオランダで創業され、1914年にイギリスに拠点を移しました。その国内での評判と信頼度の高さは、エリザベス女王ご結婚の際、英国王室にダイヤモンドのカットを依頼されたほどです♪

ダイヤモンドを輝かせる光の3大要素、ブリリアンシー(白色光)、シンチレーション(煌めき)、ファイヤー(虹色)の中で、モニッケンダムはダイヤモンドが放つ光の中で最も明るいブリリアンシーを大切にしています。0.0016ctの石に58面体でカットを施すほど精密な技術によって生み出されるブリリアンシーは「ラグジュアリー・ホワイト」と呼ばれ、人々の羨望のまなざしを集めています☆

さらに、モニッケンダムのカットの特徴として有名なのが、「サークル・オブ・ラスター」(光の輪)です。まさに光の輪のようにダイヤモンドをサークル状に研磨するこの技術は、国内外で高い評価を受け、1966年にモニッケンダムはクイーンズアワード英国産業賞を英国女王より賜りました♡

最愛の人に輝くダイヤモンドを

多くの人が憧れのまなざしを向ける、ダイヤモンドのエンゲージリング。「永遠の輝き」と呼ばれるダイヤモンドは、まさに二人の愛の象徴です♡

そんなダイヤモンドの輝きにとって、最も重要な要素である「カット(Cut)」の技術に世界的に定評がある3ブランドを今回はご紹介しました。

パートナーのことを思い浮かべて、その笑顔にふさわしい輝きを、ぜひ選んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket