【Pt900】と【Pt950】のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
11-%e3%80%90pt900%e3%80%91%e3%81%a8%e3%80%90pt950%e3%80%91%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%87%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88

結婚指輪に使われる代表的な金属といえば、プラチナではないでしょうか。

しかし一口にプラチナといっても、実はPt900、Pt950、Pt999、ハードプラチナなど、さまざまな種類があります。いったい数字の違いによって、何が変わってくるのでしょうか?

それぞれの違いやメリット、デメリットを見ていきます♪

Ptとは

プラチナの指輪を探す時、Pt900、Pt950という表記を見たことがある人は少なくないはずです。
アルファベットで金属の種類、数字で純度を表します。

「Pt」はプラチナの元素記号です。以前はPmと表記することもありましたが、別の金属の元素記号となったため、プラチナはPtの表記しか使えなくなっています。

Ptの後に続く数字は、プラチナの純度を表しています(単位は‰=千分率です)。ただし、実際には、完全に純粋な金属は化学的に存在しないため、Pt999という表示が純プラチナを表します。Pt900はプラチナが1000分の900、すなわち90パーセント、Pt950は1000分の950、すなわち95パーセント含有されていることを示しています。国際貴金属宝飾品連盟(CIBJOは、純度が85パーセント以上のプラチナを標準品位として認めています。

純度の高いプラチナは軟らかく、ジュエリーにするには硬度を増す必要があります。そのため、パラジウムやルテニウムなどの金属を混ぜて、ジュエリーにするのです。

プラチナは、希少な金属であるとともに、日本人の肌色に合うのが魅力的。また、プラチナは他の金属と比べて化学的に安定しているという性質があります。汗などで変色変質しにくいため、普段使いする結婚指輪にぴったりなんです♡

Pt900について

Pt900は、純度が90%であるプラチナです。ジュエリーに使われる金属の中で、よく使われているのがPt900とも言われています。
加工しやすく、作業しやすいということで、Pt900は扱いやすいという面も。そのため、サイズ直しなどの加工に対応してくれるお店が比較的多いようです。

Pt950について

Pt950は、純度が95%であるプラチナです。Pt900と顕著な差があるわけではありませんが、Pt950の方がわずかに軟らかいため若干加工がしにくく、傷つきやすいというデメリットがあります。Pt950は海外ブランドで多く使われています♪ また、プラチナの純度が高い方が金属アレルギーが起こりにくいといわれています。

Pt999について

Pt999は、プラチナの純度が99.9%のプラチナです。化学的、理論的に100%純粋な金属は存在しないとされています。「純プラチナ」は純度が99.9%以上のプラチナを指します。

純プラチナは、軟らかく伸びやすい性質があります。そのため、傷がつきやすく、加工がしにくいのが特徴です。ジュエリーにするには強度が不足してしまいます。そのため、Pt999のプラチナに金属を混ぜ、Pt900やPt950にして使用するのが一般的です。

変形が不安なら「ハードプラチナ」を

ハードプラチナとは、Pt950やPt900に金属を少しだけ配合して、硬度を高めたプラチナのことです♡
金属の配合方法はブランドによってさまざまです。パラジウム、イリジウム、ルテニウムなどを配合するのが一般的なようです☆

強度を上げることで、細いリングや複雑なデザインにも耐える素材となるのです。

自分の好きなプラチナをセレクト♪

性質のわずかな違いがあるものの、プラチナであると銘打たれたジュエリーの輝きはどれも素敵です。日本人の肌にぴったりなプラチナで結婚指輪を作れば、幸せも増すのではないでしょうか♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket