会場をグッと盛り上げる! お酒を使った演出5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
70.会場をグッと盛り上げる! お酒を使った演出5選

結婚披露宴や2次会の余興で、何をしようか迷う方もいるのではないでしょうか。

食事とともにお酒もたしなむ席ですから、シャンパンタワーやビールサーブなどの演出は盛り上がること間違い無しです。

見ても飲んでも盛り上がる、お酒を使った演出をご紹介します☆

定番のシャンパンタワー

「お酒を使った演出」でシャンパンタワーをイメージする方は多いのでは? シャンパンタワーは、グラスをピラミッド型に積み上げて、上からシャンパンを注ぐ演出です。積み上げられたタワーの豪華さと、グラスを伝っていくシャンパンの流れは、つい目で追ってしまいそうです♪

グラスは一番上の段が1個、2段めが4個……と増えていきますので、見栄えのする大きなタワーはグラスも多くなります。ゲストの多い披露宴で、注いだシャンパンをふるまうにはピッタリです。シャンパンタワーには飲み口が広くて浅いお椀型の「クープ型」のグラスが使用されます。乾杯で使われる細身の「フルート型」とは対照的なフォルムです。

シャンパンを注ぐ間ライトアップしたり、ドライアイスを使って煙が流れる演出をすれば、幻想的で華やかなシャッターチャンスになりますね☆

インパクト大! ビールサーブ

ビールサーブとは、新郎がビールサーバーを背負ってテーブルを回り、ゲストにビールを注いでいく演出です。披露宴の中盤や再入場でビールを注いで回れば、各テーブルのゲストとまんべんなく会話ができ、交流ができる貴重な時間になります。

大きなビールサーバーを背負うため、新郎は上着を着用しないでいることが多いようです。中座後の衣装をベストにして、新婦はヘアをダウンスタイルにして花飾りをつけるなど、親しみやすい雰囲気にするのも良いでしょう♪

ビールサーブの間新郎新婦が離れないよう、新婦はお菓子やおつまみを配って一緒に回ると盛り上がります。 新郎新婦の友人から、年配のゲストまで楽しめる演出です。

ワインで乾杯! ワインサービス

ワインサービスとは、新郎新婦がワインボトルをもってゲストのテーブルを回る演出です。ワインサーブとも呼ばれ、ビールサーブと似ている演出です。

違いは大きなサーバーではなく、ボトルを持って歩くこと。ビールサーバーではドレスを着ている新婦は扱えませんが、ボトルなら、というカップルもいるのでは? 新婦の歩きやすさに配慮しながら楽しみましょう☆

和風の式なら鏡開き

酒樽のフタを木づちで叩いて開ける「鏡開き」も披露宴で取り入れられるお酒の演出です。もちろん洋装でもできますが、和装の結婚式では和食に合わせられ、日本酒もしっかり楽しむことができます。

式場のプランまたは持ち込みで、樽のお酒や柄杓、枡などを用意します。大きな樽を新郎新婦が開くことも、小さな樽をテーブルごとに置くこともできます。掛け声をかけてもらうと会場の一体感が生まれますし、枡は持ち帰れる記念品にすることもできます。

和装や日本酒が好きな方は、ぜひ検討してみてくださいね♪

カクテルパフォーマンス

カクテルを、パフォーマンスを交えて作るフレアバーテンダーに提供してもらう演出です。ボトルを投げてキャッチするなど、鮮やかなパフォーマンスで見る人全員が楽しめます。

新郎新婦が中座する待ち時間に、披露宴の後半にふるまうお酒を作るシーンから楽しんでもらえば、ゲストも退屈せずに過ごすことができます。レストランで行われる二次会でも盛り上がりそうですね♪

おわりに

結婚披露宴や二次会は、ゲストにお酒がふるまわれる場でもあります。

会場が一体となって、演出もお酒も楽しめるアイディアを、ぜひ取り入れてみてくださいね♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket