本番さながら! ブライダルフェアで一足先に結婚式を体験しよう♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
yubiwano

ブライダルフェアとは、結婚を意識したカップル向けに結婚式場が行う体験イベント。

実際の式場を会場に、プロのウェディングプランナーやスタッフが対応します。試食会では本物のシェフの料理も食べられちゃう。
どんな会場で結婚式を行うのか、どのような料理でゲストをもてなすのか、結婚にまつわるイメージを具体的に固められるのが魅力です。

ブライダルフェアで体験できる7つのこと

具体的にブライダルフェアではどのような体験ができるのでしょうか?
ここからは、多くの式場で催されている7種類のイベントを順に説明していきます。

1.試食会

IMG_0888
当日ゲストに提供する婚礼料理を試食できるイベントです。もちろん料理するのは普段から実際の式を支えているシェフ。ふたりの要望を直接相談することも可能です。

食べられるのはコース料理からプレート料理、デザートなどのブッフェまで、フェアによってさまざま。注意点は、同じコース料理でも和コース、フレンチコースなど、料理の内容も会場によって異なることです。事前に理想のコースを決めて、その料理が提供される会場を予約しましょう。

結婚式の重要ポイントである料理が実際に確かめられるとあって、非常に人気の高いイベント。有料のパターンもあるので、会場に予約する前に要確認です。

2.模擬挙式・模擬披露宴

hands-376815_960_720
モデルカップルが行う結婚式・披露宴のデモンストレーションにゲストとして参加する形で、本番さながらの雰囲気や会場の設備をチェックすることができます。

所要時間は短いですが、ウェディングケーキ入刀や両親への花束贈呈など、一通り結婚式のイベントが行われます。教会結婚式、神前結婚式、人前結婚式の中でどのスタイルの式を挙げたいのかを想定して、参加する模擬挙式・披露宴を選びましょう。

3.コーディネイト・婚礼アイテム展示

jabones artesanales para detalles de bautizo el jabon casero
会場装飾から食器やペーパーアイテムまで、式場全体のコーディネートを確かめられます。

展示内容を覚えておけば、具体的な打ち合わせの際にスムーズにイメージを伝えられます。花の種類など細かい点は変更できるので、全体的なコーディネートの印象を心に留めておくよう意識すると良いのではないでしょうか。

4.ドレス試着会

dress2
本物のウエディングドレスやカラードレス、タキシードなど衣装の試着ができます。

試食会に劣らず人気のイベントで、最大のメリットは式へ臨む実感が湧いてテンションが上がること。彼女のドレス姿を見て、結婚準備に消極的だった男性が前向きになったという話もよく聞きます。会場によっては写真撮影が可能なところも。何着もドレスを試していると、後から気に入ったドレスが思い出せないこともよくあります。遠慮せず、たくさん写真に残しておきましょう。

もしも好みの衣装がなかったとしてもその式場を諦めず、持ち込みは可能か、料金はいくらか、など必要事項を確認してください。多くの場合持ち込み可能ですし、オプションを確認することで後々のプランがぐっと立てやすくなります。

5・式場見学会

church-838406_640
式場の内装や外観のみならず、トイレやクロークなど、会場のハード面全体を確認できます。

後で変更できないポイントなので、招待するゲストをイメージしてしっかりチェックしましょう。例えば幼いお子さん連れのゲストを招待した場合、授乳室などの設備にも眼を配ることが必要。この場合も、写真をたくさん撮っておきましょう。あとで見返せて安心です。

6.相談会

相談会では、「そもそも結婚式はどのように進めたらいいの?」「ゲストはどこまで呼ぶべきなの?」などの疑問に、ウェディングプランナーが相談に乗ってくれます。

基本的に毎日開催されており、予約なしでも対応している場合もあります。また、限られた時間で多くの疑問を解消するためにも、聞きたいことをリスト化していくのがオススメです。

7.総合ブライダルフェア

1~6のようなブライダルフェアをまとめて体験できるイベントとして、「総合ブライダルフェア」があります。

開催日がしっかり決まっている場合が多いので、事前に式場のHPか電話で確認し、予約を取りましょう。所要時間は、館内見学と相談会だけなら2時間程度。模擬披露宴や食事会も盛り込むと3~4時間かかる場合が多いです。

さまざまな種類があるブライダルフェアですが、その全てに通じるのは事前の準備が大切だということ。せっかく時間をとって足を運ぶのですから、理想の挙式ができるか会場なのか確かめに行くつもりで、どこを見るのか、何にこだわるのかを考えておきましょう。

フェアの多くがWebか電話での事前予約が必要です。たいてい無料ですが、試食会など一部有料の場合もあります。
服装は自由ですが、場所は実際に使われている式場です。会場で浮かないフォーマルな服装の方がベター。ただし、色々見て回れるように歩きやすい靴を履いて行きましょう。

憧れの結婚式をパートナーと一緒に体験できるのはとても楽しく、式の準備への気持ちも高まります。あまり構えず、デート気分でブライダルフェアへ足を運んでみてくださいね♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket