ペアリングは結婚指輪にできる? 婚約指輪・結婚指輪の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ペアリングは結婚指輪にできる? 婚約指輪・結婚指輪の違い

「恋人と長く使ってきたペアリング、このまま結婚指輪にできないかな?」
「婚約指輪と結婚指輪、兼用するのってどうなのかな?」
そういえば、指輪のことって実はよく分からない……というカップルも多いのでは?
婚約指輪と結婚指輪、そして普通のペアリングには、それぞれ意味があるんです。
二人の愛の証となる大切な指輪だからこそ、正しい知識を身に付けておきたいですよね♪

指輪をお店に見に行く前に! まずは婚約指輪と結婚指輪の違いをおさえておきましょう。
この2つは似ているようで大きな違いがあるんですよ♡

結納前には準備しておきたい! 婚約指輪

プロポーズはカップルにとって特別な記念日♪ その幸せな気持ちをいつまでも忘れないために、男性から女性へ “婚約の証”として記念品(プレゼント)を贈る習慣があります。そこで贈られる指輪が「婚約指輪」です。

実は婚約の証は指輪と決まっているわけではなく、ネックレスや腕時計でもOK。ですが、キラキラ輝く指輪はやっぱり女の子の憧れ♡ というわけで、プロポーズの記念に指輪を贈るカップルが多いんですね。

「一生に一度のものだから、とびきりオシャレで可愛いのがほしい♡」
女の子の夢を叶えるため、婚約指輪はデザインや宝石がゴージャスなものがメインでした。
しかし、最近では結婚指輪と重ねづけできるようなシンプルなデザインも人気です。
指輪を買う前には、彼女の好みや希望をしっかりとリサーチしておく必要がありそうですね!

なお、婚約指輪の相場は平均30万円程度。昔は「給料の3カ月分」といわれていましたが、いまは「金額よりも彼の気持ちが大切!」と考える女性も多いみたいですよ。

二人の愛のシンボル♡ 結婚指輪

結婚指輪(マリッジリング、ウェディングリング)とは、夫婦で1組の指輪を作るもの。結婚式の“誓いの儀式”で交換する指輪がこれですね(*^^*)
常に左手薬指につけておくリングで、「自分には愛を誓った人がいます」と周りに伝える手段となります。見た目重視の婚約指輪とは、使い方が少し異なるんです。

そのため、実用性を重視したシンプルで控えめなデザインが主流です。冠婚葬祭などのフォーマルな場面で着用できるかどうかも、結婚指輪選びでは大切なポイントとなります。

お値段の相場は、ペアで10~30万程度。デザインがシンプルな分、婚約指輪よりもお手頃な値段といえるでしょう。

ちなみに日本では「マリッジリング」と呼ぶことも多いですが、正しくは「ウェディングリング」といいます。 詳しくはこちらの記事を参照ください♪

大切な思い出を刻むペアリング

ペアリングは結婚指輪にできる? 婚約指輪・結婚指輪の違い1
恋人やパートナーとお揃いのファッションリングが「ペアリング」です。ペアリングの魅力は、なんといってもその値段とデザインの幅の広さ。お気に入りのデザインを、リーズナブルな価格でお揃いにできるのは嬉しいですよね♪

ですが、ペアリングはあくまでもファッションの一つ。普段使いを想定していませんから、結婚指輪と比べて耐久性には劣ります。水仕事でさびてしまったり、重いものを持ち上げたらゆがんでしまったりというケースも少なくありません。また、デザインによっては“愛の象徴”としては不適切な場合も。

「二人の思い出の指輪を、結婚指輪にしたい」と考えるカップルも少なくないはず。ペアリングを結婚指輪にすること自体はOKですが、耐久性やデザインに問題がないか確認する必要があるでしょう☆

一生に一度のものだから♡

婚約指輪と結婚指輪の違いはこれでバッチリ♪ そして、指輪選びは目的が決まってからが本番です!
この記事を読んでいるカップルさんが、2人の希望を叶えるステキな指輪に出会えますように♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket