輝きが変わる! ダイヤのカットの基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%e8%bc%9d%e3%81%8d%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8b%ef%bc%81%e3%80%80%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ae%e5%9f%ba%e7%a4%8e%e7%9f%a5%e8%ad%98

同じダイヤの原石でも、カットの種類によってその輝きはさまざまに変化します。
宝石を美しく見せたいか、可愛らしく見せたいか……その希望に合わせてカット方法を選べば、理想の指輪が手に入るハズ。これから婚約指輪を買う人はもちろん、アクセサリーを選ぶ際に知っておきたいダイヤカットの基礎知識をご紹介します♪

ブリリアントカット

%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88
(出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Brilliant_(diamond_cut)

ブリリアントカットは、数あるカッティングの中でも、最もスタンダードで人気のあるカット形式です。宝石職人マルセル・トルコフスキーが1919年に発明して以来、世界中から愛されています♡

屈折率など全てを綿密に計算された58面体カットが特徴で、カットのグレードによって値段が大きく異なります。ファセット(切子面)が内側から外側に向かって配置されているので、ダイヤの美しい輝きを最大限に引き出すことができる仕組みになっています♪

スタンダードなデザインの指輪がほしい方や、宝石の美しさを楽しみたい方にお勧めのカット形式です♡

ラウンドブリリアントカット

ダイヤモンドの美しさを最も引き出すといわれている、一番有名なカッティングです♪
真ん丸の円形をしているのがラウンドブリリアントカットの特徴。原石の半分を研磨することで出来上がりますが、カッターの高度な技術が必要とされます。

オーバルブリリアントカット

オーバル(楕円)型のブリリアントカットです。ラウンドブリリアントカットよりも原石を残しつつ、宝石の輝きを引き出すカット方法です。オーバルはラウンドよりも落ち着いた雰囲気を持つので、スマートなデザインに仕上がります♪

ファンシーカット

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88
(出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Diamond_Engagement_Ring_White_Gold_by_1791_Diamond.jpg

ブリリアントカット以外のカット形式をファンシーカットと呼びます。
ブリリアントカットのような、カットグレードの評価基準はありません。そのため、同じカラット数のブリリアントカットと比較すると、割安になる場合もあります♪
個性的なデザインが欲しい方や、リーズナブルな指輪がほしい方におすすめのカット形式です!

ペアシェイプカット

「ペア」とは英語で洋梨のこと。涙型にも見えることから、「ティアドロップ」とも呼ばれるスタイルです。確かに涙の形のようで、とってもキュートですね☆
ファンシーカットの一種ですがブリリアントカットの要素も持ち合わせているので、キラキラとした輝きを楽しむことができます♡
ネックレス用のカットとして人気が高く、特に大粒の宝石はペアシェイプカットにぴったりですよ♪

ハートシェイプカット

名前の通り、ハートの形をしたとってもキュートなカットです♡
ファンシーカットの一種で、その可愛らしさから若い女性の人気を集めています。特にアメリカやヨーロッパで人気のデザインです。
ただし、大人の女性には「子供っぽい」と思われることもあるので、プレゼントの際には注意が必要です!

プリンセスカット

%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88
(出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Diamond_ring_by_stephend9.jpg

プリンセスカットは20世紀の後半にイギリスで生まれた、比較的新しいカッティングです。
「プリンセスのように気品ある女性のために」と作られたことから、この名前がつきました。
上品な輝きを放つカットで、婚約指輪にもぴったりの洗練されたデザインが特徴です。女性なら誰もが憧れてしまうはず☆
カットによって失われる原石を最小限に留めつつ、宝石の魅力を引き出してくれるカット方法です。ただし、面が平らで大きいため指輪のデザインを工夫する必要があります。

カボションカット

%e3%82%ab%e3%83%9c%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88
カボションカットは宝石を半球形に磨きあげるカット形式です。ファセットカットとは異なり、切子面を持つことはありません。原石のツヤや色、形の美しさを活かすためのカッティングで、オパールやムーンストーンなどの半透明・不透明な石によく用いられます。
球形や楕円形が主流ですが、最近ではスクエア型やティアドロップ型も人気上昇中♪
宝石の輝きが控えめになるので、普段使いのアクセサリーにはぴったりのカッティングです。
カボションカットの宝石は比較的安価なものが多く、指輪のデザインも幅広い点が魅力ですよ♡

カッティングにも注目して♡

カット方法によって宝石の印象はガラリと変わります♪
婚約指輪や結婚指輪を選ぶ際には、宝石のカッティングにもぜひこだわってみてくださいね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket