婚約指輪といえばダイヤ! ダイヤの品質を決める「4C」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
diamond-741754_1920

一粒タイプのソリティア、指輪の周囲をかこむエタニティなど、ダイヤのエンゲージリング、マリッジリングはとてもステキですね。一生に一度の贈り物なだけに、その品質にはこだわりたいもの。でも、ダイヤの品質ってどうやったらわかるのでしょう??
今回は、ダイヤの評価基準となる「4C」をご紹介します。「見たことあるけどなんのこと?」という方、実は多いのでは?

4Cのキモはバランス!

4Cとは、G.I.A.(米国宝石学会)が定めるダイヤモンドを評価する国際基準。「カット(Cut)」「カラット(Carat)」「カラー(Color)」「クラリティ(Clarity)」の頭文字をとって、「4C」と呼ばれています。どれか1つが良ければいいというものではなく、この4つのバランスが優れているダイヤが高く評価されています。

4Cで一番重要!? ダイヤの輝きを左右する「カット」

カットは4Cのうちで唯一、人間の技術で評価されるポイント。カット後のダイヤの形、研磨状態、対称性で総合的に判断し、Excellent、Very good、Good、Fair、Poorの5段階に分類されます。
ダイヤの輝きは降り注いだ光が内部で反射や屈折を繰り返して放たれることで生まれます。この輝きを左右するのがカットです。大きくても輝きの少ないダイヤに高い評価はされず、4Cの中でも重量なポイントなのです。

「カラット」が大きければいいってもんじゃない!?

カラットが指すのはダイヤの重量で、ctで表されます。1ctは0.2gです。ダイヤの原石の多くは1ct以下なので、カットされることを考えると、大きいダイヤの希少性がわかりますね。
カットやカラー、クラリティと違い、カラットは専門家でなくても違いがわかるので、重要視する人が多いポイント。ただし、評価はバランスで決まるので、同じカラット数でも価格は一定ではありません。

無色がデフォじゃないの? ダイヤの「カラー」って?

カラーは無色をDとして、以下アルファベット順にZまで等級があります。DとE、EとFなど、隣の等級との区別はとても難しく、DとFなど2階級違うものを比べてやっと「なんとなく違うな」という程度。ちなみにD~Fが「完全に無色透明」、G~Jが「無色」と少しずつ黄色がかっていきます。透明度が高いほど良いとされますが、ある程度以上に黄色の場合は「カラーダイヤ」となり、他の基準で評価されます。

聞きなれない「クラリティ」って何のこと?

クラリティはダイヤの透明度を指し、キズや内包物の大きさ、形、位置、個数などで評価されます。キズや内包物がまったくない「FL」から「IF」「VVS」「VS」……と11段階に分類されます。FLは磨いたダイヤを10倍に拡大して、内部・外部ともにキズも内包物もないという状態。かなり希少価値が高く、出会うのは難しいでしょう。VVS、VSのキズや内包物は肉眼では見つけられず、高級品として婚約指輪や結婚指輪に人気です。

自分がほしいのはどんなダイヤ? 好みで優先順位を決める

affair-1238431_640

宝石業界では「カラーはD、E、F、クラリティはVS以上、カットはExcellent、カラットは0.3ct以上」と言われているそうです。ただ、自分がほしいダイヤがどんなものなのかで、4Cの何を優先するかは変わるのではないでしょうか。
たとえば「とにかく大きなダイヤがほしい!」という方なら、カラットが一番でしょうし、「小さくても輝くダイヤがいい!」という方ならカットとクラリティを優先するのがお勧めです。

婚約指輪や結婚指輪は一生身につけるものだから、たくさん悩んでお気に入りの1つに出会えるといいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket